E.H.ゴンブリッチ著『アートの会話』を読んだ

誠に内容に古本屋を物色しているときにたまたま購入した、E.H.ゴンブリッチのThe Story of Arts(邦訳『芸術のお喋り』)を、一月ぐらいかけて読み終わりました。
芸術史に興味があったわけでもありませんが、500円のわりに、大判500WEBに400ほどの色挿絵が収録されて要ることに惹かれてふと買っておいたのを、デイリー少しずつ、踏みしめるように読んでいったのです。件は定評のある芸術史で、Englishも単純、年代と年代がバトンを譲り渡すようにずっと展開して出向くゴンブリッチの筆致は、芸術に興味のない会員でさえ、下部にさせて仕舞うほどだ。
そんな形で、ゼロ冊の読み物で芸術のキャリアを俯瞰講じる見聞きはやっとでしたが、何かと想うところがありました。中でもルネッサンスが芸術史に果たした意図のがたいが理解できました。レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ、こういう二人の神童は、数多くの神童が織りなす芸術史にあってもなお日増しに輝きを放つ正に「超神童」ですことを嫌でももらいさせられました。1950時期に初回がデビューされ、とっくに古典となった『芸術のお喋り』ですが、芸術の市場への第一歩として、強くおすすめします。アコム 土日 審査

E.H.ゴンブリッチ著『アートの会話』を読んだ