いつでもどこでも読める、電子書籍にはまっています

小さい頃から読書好きの私ですが、出産してからは育児に追われ、紙の本を開いてじっくりと読む時間がなくなってしまいました。読みたい本はたくさんあるのに時間がない!そんな時に出会ったのが電子書籍でした。

とはいえ電子書籍の存在は前々から知っていました。でも「やっぱり本は紙で、実際にページをめくったりして紙の質や重量感を楽しめなきゃだめ」という気持ちから、なんとなく手を出さずにいました。

そんなある日、携帯電話会社のポイントが意外とたまっていることに気づき、このポイントを何に使おうと考えた時に電子書籍がリストにありました。試しに本でも買ってみようかなと軽い気持ちでダウンロードしてみました。スマホ上でページをめくっていくうちに、実際の本を持ち歩かなくても良いことの便利さに気づきました。「これなら子供を寝かしつけた後の布団の中でも読める!」本当にスマホさえあればいつでもどこでも読めるというのは便利です。育児や家事の合間の貴重な息抜きの時間になりました。

電子書籍を読み始めて、また読書を楽しめるようになったことがとても嬉しいです。

いつでもどこでも読める、電子書籍にはまっています

外で働く勇気を持ちたいと思って頑張っています。

私は高校を卒業してからアルバイト経験しかなくてそのまま結婚しました。結婚してからは専業主婦になって外で働くのが怖いなと思うようになりました。旦那さんに甘えているんだなと自分でも思います。外で働くと人間関係の築き方がよく分からなくて人から嫌われていると思い込んで自分で相手に踏み込む事が凄く難しいなと感じます。旦那さんはどこでも働けるよと言ってくれます。でも私は職場に行くと緊張をしてしまって上手く人とコミュニケーションを取れなくなります。それで人間関係を粗末にしてしまってこの人って変だよね、居ないで欲しいよねと言われているようでその場に居るのが辛くなってしまいます。でも人はそんなに考えて無いんだなと思うようになってきた自分も居ます。トラウマみたいなのを抱えている感じが一番のストレスです。踏み出したいけど踏み出せないという事をしていると悪循環になってしまうので外に出て人と居るって良いなと感じる瞬間を作っています。いぶきの実 楽天

外で働く勇気を持ちたいと思って頑張っています。

あと一言があれば、と思ってしまう店員さんに会った

友人と休日に遊んでいるときに、100円均一のお店で膨らませるタイプのビニールボールを買って公園で遊ぶことになった。お店はすぐそばにあったのだが、そこから公園まではすこし距離があり、まだ冬なので日が暮れるのが早く、暗くならないうちに早く公園にいこう、と久々の運動にわくわくしていた。寒い中歩いて、公園についてボールを開封したのだが、そのボールは空気入れを使用しないと膨らませないタイプだった。結局、ボールで遊ぶことができず、長い散歩のような形になってしまった。100円均一のお店のスタッフさんは、レジで会計をする際に「すぐ使うんで」と袋を断った私に向かって、膨らませるには空気入れが必要だと、教えて欲しかったと思った。100円だから、安いから、適当になっていいのか、と疑問を持ってしまった。安くてもお金はお金、せっかく購入したのに使えなかったときの期待外れ感はひどい。レジスタッフはレジをするだけでいいのか、サービスとは何かなぁ、と自分の胸の中で考える日でした。ucsカード ポイント還元率

あと一言があれば、と思ってしまう店員さんに会った